CSR

私たちの社会的責任

私たちは「SDGs」「ZEHビルダー」「ファミリーフレンドリー企業」への取り組み、
「オイスカ」「日本赤十字社」への協力、外国人留学生の受け入れなどの様々な活動に取り組んでいます。
誰もが安心して暮らせるまちづくりのためにステークホルダーと協力し、
社会の抱える課題に取り組むことでサステナブルな社会づくりに貢献します。

SDGs

私たちのSDGs
持続可能な
開発目標への取り組み

持続可能な開発目標
『SDGs』とは?

私たちが生きている世界には、今さまざまな課題があります。
その解決に向けて2015年に国連サミットで採択されたものがSDGs(持続可能な開発目標)。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されています。
しかし、SDGsの17の目標は、どれか1つだけ達成すればいいものではありません。それぞれの目標につなげ、総合的に達成することで、持続可能な世界が実現されます。その土台にあるのが、豊かな自然環境。地球がもたらす恵のおかげで、私たちの社会が成り立ち、経済が動いて、心豊かな暮らしができるのです。一人ひとりの力は微力でも、みんなの力を合わせて大きな力へと変えていきたい。
また、SDGsパートナーとして、弊社では、目指すゴールの応援達成事業として「住み続けられるまちづくりを」をメイン目標にSDGsポイントを発行します。詳細はお問合せ下さい。

一次エネルギー消費を抑えた、省エネ住宅作り

多様化する世の中に沿った建物を作るために、長期優良住宅を当初より推奨してまいりました。更なる持続可能なまちづくりをするために、一次エネルギー消費を抑える計算を取り入れた省エネ住宅作りをしています。

気候変動や自然災害に耐えうる、耐震化を促進

気候変動による自然災害が多い中、住宅の応急危険度判定士の登録派遣を行なっています。また、豊田市の耐震化政策に基づき、木造住宅耐震診断の協力と耐震化を促進します。

働き方改革にともない、高齢者雇用を促進

少子高齢化社会となっていく中で、高齢者の方も積極的に雇用し、若い世代と連携した企業経営をいたします。これまでの経験と新たな価値観により働き方改革を行い、企業の活性化が経済成長にも繋がる様努めてまいります。

とよたSDGsパートナー

弊社は、愛知県豊田市が掲げる「とよたSDGsパートナー」に認定されています。豊田市とパートナーが、それぞれの有する資源や知見等を生かし、共に目指すSDGsゴールや豊田市の地域課題の解決に向け、連携し、持続可能な取組や活動を推進するとともに、SDGsの普及啓発を図ることを目的としています。

ZEHビルダー

ZEHビルダー登録

弊社は政府のエネルギー基本計画に沿って、2030年までに一次エネルギー消費量が正味ゼロ(ZEH)となる住宅造りを目指し、ZEHビルダーに登録に伴い、目標を策定し取り組んでいます。

ZEH普及目標と実績
(2020年度ー2025年度)

2020年度 2021年度 2022年度 2023年度 2024年度 2025年度
目標 50% 50% 60% 70% 80% 90%
実績 0% - - - - -

ファミリー・フレンドリー企業

弊社は愛知県ファミリー・フレンドリー企業に登録されており、
社員が仕事とプライベート両方を充実させることのできる、ワーク・ライフ・バランスを大切にしています。

ファミリー・
フレンドリー企業とは?

社員が仕事と生活の調和を図ることができるよう積極的に取り組んでいる企業です。愛知県ではワーク・ライフ・バランスの実現に取り組む企業を奨励し、その取組を広く紹介するため、登録制度を設けています。

ワーク・ライフ・バランス

単に仕事と生活に割く時間を半々にするという意味ではありません。仕事と生活のうち、どこに重点を置きたいかはその人の生活、生き方によって異なりますし、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じても変わってきます。それぞれの人が仕事の責任を果たしつつ、「仕事」と「仕事以外の生活」との調和を図り、その両方が充実している状態をワーク・ライフ・バランスといいます。